スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.06.29 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    おすすめメッセージコメント大賞

    0
      山陽学園ブックトレード、一番の魅力は本に添えられた「おすすめメッセージ」。前の持ち主の「ブック愛」がつまっています。

      ブックトレードイベントのとき、「私は本を持っていないから・・・」といって会場に入るのをためらわれた方がいらっしゃいました。実にもったいないことです。

      ズラっと並んだ本に添えられた「おすすめメッセージ」を読むだけでもワクワクした気分になりますよ。


      そこで、先日開催された「第3回山陽学園ブックトレード」で会場に並んだ本の「おすすめメッセージ」で「お、これは!」と思うものをピックアップすることにしました。

      その名も「おすすめメッセージコメント大賞」 。


      今回、御紹介する6点のメッセージを大賞候補としてノミネート。スタッフの審査によって「大賞」を決めました。

      あ、「大賞」に選ばれても特に賞品があるわけではありませんが、すばらしい「ブック愛」を表現してくださったその気持ちに最大の賛辞を贈りたいと思っています。

      輝ける、大賞に選ばれたのは↓こちらです↓


      『ぼくはここにいる』(さな ともこ作/かみや しん絵)

      コメント
      私が中学生の頃に読んだ本です。思春期に思い悩む時期が必ずあるとおもいますが、ふっと力を抜くと
      新しい扉が開いた感じがするあの感覚を思い出させてくれる本です。大人になっても読み返すことで、もうちょっと頑張ってみよっかなって思えるようになれます。

      大賞選定の理由
      前の持ち主さんは大人の方なのでしょうね。ブクトレに足を運んでくれる学生さんたちのことを頭に浮かべながらコメントを書いてくださったのではないでしょうか。シンプルな言葉で、大人から思春期の人たちへ向けるメッセージに「ブック愛」を感じることができました。


      その他、ギリギリまで大賞候補として残ったコメントを紹介します。

      内容の抜粋が上手です。このまま本屋さんのポップとしても使えそうです。


      「お化け文化」という言葉がいいですね。特徴的な文字も魅力的です。


      前の持ち主さんの素直な気持ちが表現されています。


      山陽女子の生徒が出した本でしょう。本の内容には触れず、脇知識をコメントにした発想が◎。


      びっしりと書き込まれた文字。前の持ち主さんの湧き出る「ブック愛」を見てとることができます。

      いかがでしたか。他にもおもしろいメッセージがたくさんありました。色々なコメントを見ていて、人それぞれ違った視点での「ブック愛」があることを再認識することができました。この企画、次回もやっていきたいです。


      1

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:34 最後に更新した日:2013/06/29

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM